バイオリンのニス塗を始めました

投稿がまた随分と遅れてしまいました..

今回はニスを塗られていない状態のヴァイオリンを頂いたので、ニス塗を開始致しました!

ニス塗はChicagoの学校で学びましたが、自分好みではなく…

今回は父親が製作に使用しているニスを塗り方からすべて変えて挑戦してみようとと思います!

ニス塗は職人さん人それぞれ塗り方も違えば、材料も違い、皆様独自の方法があります。国によっても塗り方が違ったりしていてバイオリンの塗り方次第では、見るだけでどこ産の楽器などが分かったりします!

写真は塗っている風景です!

バイオリンのニス塗を始めました!

また今回は父親が製作するモデルとなるH.Fagnolaのような深紅のカラーを目標にしてみたいと思います!

下の写真が目標のカラーです!

ちなみにatsumariで出品もしています!

また、自分で製作したバイオリンもニス塗まじかなので、早くニス塗をしたい一心です!

引き続き頑張っていきます!

シカゴ出張

バーニッシュもそろそろ終盤!

関連記事

  1. 職人が作る楽器の魅力とは?いい音色はいい楽器と高…

    職人の手で作られたハンドメイド楽器は、量産ができません。しかし、1つの楽器…

  2. ニューヨーク・フィルハーモニック

    アメリカ5大オーケストラの一つである、ニューヨーク・フィルハーモニックにつ…

  3. ヴァイオリンの側面の豆知識!

    こんにちは!最近着々とヴァイオリン製作に励んでおります!前…

  4. バイオリンの選び方〜上級者編〜

    プロの演奏家のバイオリンは、ほとんどが手作りバイオリンです。モダンから新作…

  5. ドイツのStradivarius? Staine…

    チロル州立博物館にて撮影 インスブルック(オーストリア)のチロル州…

  6. アメリカ出張行ってきました!

    前回の記事に引き続き、NewYorkの他にBostonとChicagoにも…

  7. バイオリンのバスバーとは?

    こんにちは!カポラリです!バスバーとはご存知でしょうか??…

  8. 高価な楽器はどのように判断しているのだろうか?

    こんにちは、atsumariのカポラリです!だんだんats…

2019年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP