高価な楽器はどのように判断しているのだろうか?

こんにちは、atsumariのカポラリです!

だんだんatsumariで所有している楽器も増えてきて、高価な楽器なども取り扱いが増えてきました!

海外からも選定された楽器など引き取り、珍しい楽器もatsumariのオフィスに出入りしております!

やはり本物の高価な楽器を見ると色々勉強する事があります!

高価な楽器にはほぼ鑑定書というものが付いております。

しかし、鑑定書が付いているからと言って実際その楽器というのは本物かどうか判断するのは間違っております

鑑定書が誰が書いたものなのか、その鑑定者の実績や得意とする楽器なのか、重要になります!

例にはフランスの鑑定者はやはりフランスの楽器には強いけれども、イタリアの楽器には…といった業者視線からだど信用できない部分もあります。

そこでどういった部分で、楽器を選定しているのかというと鑑定者の名前もそうですが、ディーラーが一番よく分かっております。

沢山の楽器に触れ、同じ製作者の楽器に触れ、製作者による楽器の特徴をよく分かっています。

その経験から、鑑定書が誰が付いているのかとも関係なく、自分の目で実際に確かめ、また色々な意見を聞きに行き、そこで本物かどうかを確かめております!

なので、鑑定者よりも実績を積んでいるショップさん、ディーラーさんとお話をすることが一番信用できます!

中には、分からず売りに出されているものもあったりしますが…

父がこの道30年以上かけてその目を養ってきました。その父からは現在色々と教えて頂いております!

まだまだ勉強中ですが、もっと吸収してちゃんと判断できるように尽くして行きたいと思っています!

もし、高価な楽器など購入も考えているお客様がいましたら是非atsumariでも扱っていますので直接ご連絡頂けたらと幸いです!

atsumari fine violinsとしてもHPを開設しましたので、良かったらチェックしてください!

https://www.atsumari-fineviolins.com/

今後もヴァイオリンについて少しずつブログでも書いていきたいと思います!

バーニッシュもそろそろ終盤!

バイオリンの周りの黒い線ってそもそも何??

関連記事

  1. 生産国でどう違う?バイオリンの値段と音色を比較

    イタリア弦楽器製作が盛んに行われているイタリアでは、大量生産技術が…

  2. f孔の豆知識!

    こんにちは!カポラリです!今回もヴァイオリン製作における豆知識です…

  3. 演奏グレード別!バイオリン選びのポイント!初心者…

    ビギナー向けの安価なセットを選びがちですが、素材にも安価なものを使用してい…

  4. 【前回の続き】ヴァイオリン製作風景

    前回に引き続き、ヴァイオリンの製作風景をお届けいたします。本日は、ニスを塗…

  5. またまたアメリカ出張行って参りました!

    1/30から2/6までまたまたアメリカ、NYとシカゴに行って参りました!…

  6. 日本ヴァイオリンフェア!

    先日は普段お世話になっている日本ヴァイオリン様が主催する「日本ヴァイオリン…

  7. バイオリンのオークションに行って参りました!

    11月3日から13日にかけてアメリカ出張に行って参りました。今回は…

  8. バイオリンの選び方〜中級者編〜

    音に納得がいかない、何かが物足りない、あるいは「こんな音が出したい」という…

2019年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP