バイオリンの周りの黒い線ってそもそも何??

こんにちは!カポラリです!

今回のテーマはバイオリンの周りにある黒い線についてお話です!

ぱっと見、あの黒い線って筆などで書いてあるんじゃないかなって自分はバイオリンを作るまではそう思っていました。

確かに、ペンなどで書かれているバイオリンもあります。ですが、基本安いバイオリンばかりで、そもそものその黒い線の役割が果たされていないため安い楽器に多いです…

その黒い線といわれるものはパフリングと呼ばれる線材です!

線材が埋め込まれることによって、見た目はもちろんですが、バイオリンの本体がどこかに打つかってしまったりしたときに、「割れ」を最低限に抑えることが出来ます!

このようにパフリングが入っていない場合、打つかってしまったら本体まで割れが入って修理費用が…となりますよね。

見極める方法としては、その線をじっくり近くで見ると、パフリングが入っていないものは木の木目がパフリングの間にも見えます!

また、パフリングというのは職人技でもあり、腕の見せ所です!

特にコーナーの部分は左右対称に作り、緩やかな曲線で掘り続け、入れ込んだ後は削りだします。

とても繊細な作業で集中と根気のいる作業です!

ちなみにチェロの方が見やすくやりやすくて簡単だとか(笑)

パーフリングの太さなどもバイオリン、ビオラ、チェロと0.数mm違いです。

また、バイオリンに関することをこれからも更新していきます!

高価な楽器はどのように判断しているのだろうか?

ヴァイオリンってどうして高価なんでしょうか?

関連記事

  1. 【前回の続き】ヴァイオリン製作風景

    前回に引き続き、ヴァイオリンの製作風景をお届けいたします。本日は、ニスを塗…

  2. アメリカ出張行ってきました!

    前回の記事に引き続き、NewYorkの他にBostonとChicagoにも…

  3. シカゴ交響楽団

    今後不定期で、弊社が普段最もお世話になっているシカゴの音楽の歴史についてま…

  4. バイオリンのオークションに行って参りました!

    11月3日から13日にかけてアメリカ出張に行って参りました。今回は…

  5. シカゴ出張

    間が空いてしまいましたが4/23-25の間シカゴへ出張してまいりました!…

  6. ペーパーナイフ作り!

    先日スクロールを製作中に出る余った木材を利用して、ペーパーナイフを製作しま…

  7. 高価な楽器はどのように判断しているのだろうか?

    こんにちは、atsumariのカポラリです!だんだんats…

  8. ヴァイオリンってどうして高価なんでしょうか?

    世の中にはとてつもなく高いヴァイオリンって存在してますよね?誰もが…

2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP