f孔の豆知識!

こんにちは!カポラリです!

今回もヴァイオリン製作における豆知識です!

ヴァイオリンに限らずビオラやチェロ、コントラバスにもある表面のf孔についてお話したいと思います!

まずf孔はヴァイオリン本体から音を出すために表面に開けられている穴ですね!

f孔を作る際はかなりの集中と職人の腕が試される工程でもあります。

表面にトレースをした後、まずは糸のこぎりでラフカットをして、

それからはナイフのみで綺麗に整えていきます。

その際も左右対称にしつつ、絶対に切りすぎてはいけない、といったとても慎重な作業です。

切りすぎてしまうと見た目はもちろん、音にも影響出てしまいます。

そしてよーく見ると真ん中にチョンチョンがありますよね!

あれにもちゃんと意味があります。

それは「ナッチ」と呼びます。

それはバイオリンにおける「Stop length」という位置を示すための目印なんです!

Stop lengthとはバイオリンでは基本はボディーのトップから19.5cmの位置であり、両方の内側のナッチを中心として駒を立てます!

なのでナッチが無ければわざわざボディーのサイズを測り、stop lengthを調べて、やっと駒を立てる位置が分かる…といったとても面倒くさいですよね。

ナッチはとても重要です!

そしてもう一つ、f孔はバイオリンのモデルで大きく形が違います

一見すべて同じように見えますが、ストラドやガルネリ、アマーティでf孔の太さや大きさ、全く別物です!

楽器業者はだいたい、f孔、パフリング、アウトライン、コーナーなどを見るだけでどのモデルやどの製作者が判断できる人がほとんどです。

その判断を極めし物が鑑定者となります。

自分でももっともっと勉強しなければなと思います!

バイオリンのバスバーとは?

魂柱の重要性

関連記事

  1. 良い弓の基準!

    先日、弓の本を購入致しました!この弓の本には有名なフランスの弓職人…

  2. ドイツのStradivarius? Staine…

    チロル州立博物館にて撮影 インスブルック(オーストリア)のチロル州…

  3. 新年一発目の出張に行って参りました!

    2020年が始まり、早速ニューヨークとシカゴに2ヶ月振りに行って参りました…

  4. シカゴ交響楽団

    今後不定期で、弊社が普段最もお世話になっているシカゴの音楽の歴史についてま…

  5. 38憶円の音色とは!

    みなさんは先月放送された「芸能人格付けチェック2020」はご覧いただけたで…

  6. またまたアメリカ出張行って参りました!

    1/30から2/6までまたまたアメリカ、NYとシカゴに行って参りました!…

  7. シカゴ出張

    間が空いてしまいましたが4/23-25の間シカゴへ出張してまいりました!…

  8. 【前回の続き】ヴァイオリン製作風景

    前回に引き続き、ヴァイオリンの製作風景をお届けいたします。本日は、ニスを塗…

2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP