良い弓の基準!

先日、弓の本を購入致しました!

この弓の本には有名なフランスの弓職人さんたちの本が載っております。

弓と言えばイタリアではなくフランスが有名で、特にSartory,Peccatte,Tourteなど挙げられます。その他にもたくさんの有名な職人さんたちがいて、中には数千万円程の弓も御座います。

弓はなかなか見分けが難しくまだまだ勉強が必要なため、本を購入致しました。

弓もヘッドの形やフロッグなど職人それぞれ違い、よく見てみるとそれぞれ個性豊かです。

良い弓を見極める方法は良い職人さんの弓、、、ってだけではありません。良い弓としてチェックできるポイントを紹介したいと思います!

まずは重さです!

バイオリンであれば60g、ヴィオラであれば70g、チェロであれば80gが基本の重さです。1~2gの違いでもかなり変わると思いますので、出来るだけ基本の重さを基準にして選ぶことをお勧め致します。

次にバランス。バランスとは弓の重心を知ることです。フロッグの場所から約18cmの部分が重心が基本です。

あとは材質です。材質はバイオリンの裏面に使用している木材と一緒で、木目が綺麗に輝いているものかつ、硬い材質を選ぶのがお勧めです。

これらの点を気にして弓を選ぶといい弓に出会えると思います!

日経産業新聞に掲載されました

新年あけましておめでとうございます!

関連記事

  1. fine violins サイト完成!

    10月にatsumari:楽器シェアアプリのリリースを前に、弊社のもう一つ…

  2. 日本ヴァイオリンフェア!

    先日は普段お世話になっている日本ヴァイオリン様が主催する「日本ヴァイオリン…

  3. ニューヨーク・フィルハーモニック

    アメリカ5大オーケストラの一つである、ニューヨーク・フィルハーモニックにつ…

  4. アメリカ出張行ってきました!

    前回の記事に引き続き、NewYorkの他にBostonとChicagoにも…

  5. ヴァイオリンってどうして高価なんでしょうか?

    世の中にはとてつもなく高いヴァイオリンって存在してますよね?誰もが…

  6. 職人が作る楽器の魅力とは?いい音色はいい楽器と高…

    職人の手で作られたハンドメイド楽器は、量産ができません。しかし、1つの楽器…

  7. ペーパーナイフ作り!

    先日スクロールを製作中に出る余った木材を利用して、ペーパーナイフを製作しま…

  8. バイオリンのバスバーとは?

    こんにちは!カポラリです!バスバーとはご存知でしょうか??…

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP