バイオリンのメンテナンスについて

バイオリンや弦楽器、定期的にメンテナンスとしてお店に見せに行っておりますか?

でも弾いている分問題はなかったり、見た目も変わりない…といってメンテナンスを1年以上していない方もいると思います。

しかし、この冬の時期は夏、季節の変わり目はバイオリンにとって、メンテナンスをしなければいけないと思います。

実際に職人に見てもらわないと分からない部分がとても多いです。

特に魂柱の位置など数ミリズレるだけで音にも変化が見受けられたり、そのズレから駒にかかる力によって表面にヒビが入る可能性もあります。

バイオリンは基本乾燥や湿気にとても弱く、木もその湿気などにより変化し、知らず知らずで縮んだり伸びたりする性質を持っています。

この魂柱のズレに関しては職人さんに診てもらわないと、どうしても分からない部分でございます。

定期的にチェックした方が良いのは駒です。見た目で分かるので定期的に見ておくことがお勧めです。

駒には弦を張っている重要な部分でもあり、とても負荷がかかるパーツです。

駒がネック側に曲がっていると、今すぐにでも交換が必要です。また弦が食い込んでいても音に不快感が出てきます。

また、もし個人で弦を張り直しの際に、駒が外れてしまった、などの場合も自分でやろうとせずに職人さんにお願いをしましょう。

一つ一つのバイオリンに対してちゃんと決まった駒の位置というものがあります。

何か悪くなくても定期的に職人さんにメンテナンスがてらチェックをするのがお勧めです!

大きな修理になる前にこまめなチェックを!

新年一発目の出張に行って参りました!

ニューヨーク・フィルハーモニック

関連記事

  1. 良い弓の基準!

    先日、弓の本を購入致しました!この弓の本には有名なフランスの弓職人…

  2. ドイツのStradivarius? Staine…

    チロル州立博物館にて撮影 インスブルック(オーストリア)のチロル州…

  3. 新年一発目の出張に行って参りました!

    2020年が始まり、早速ニューヨークとシカゴに2ヶ月振りに行って参りました…

  4. シカゴ交響楽団

    今後不定期で、弊社が普段最もお世話になっているシカゴの音楽の歴史についてま…

  5. ペーパーナイフ作り!

    先日スクロールを製作中に出る余った木材を利用して、ペーパーナイフを製作しま…

  6. 38憶円の音色とは!

    みなさんは先月放送された「芸能人格付けチェック2020」はご覧いただけたで…

  7. シカゴ出張

    間が空いてしまいましたが4/23-25の間シカゴへ出張してまいりました!…

  8. 【前回の続き】ヴァイオリン製作風景

    前回に引き続き、ヴァイオリンの製作風景をお届けいたします。本日は、ニスを塗…

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP