バイオリンの選び方〜上級者編〜

プロの演奏家のバイオリンは、ほとんどが手作りバイオリンです。モダンから新作まで選択肢は広くなりますが、ある程度の予算を確保しておく必要があります。また、芸術的野心・感性・性格などに沿って自分に合ったバイオリンを選ぶことで、今後のキャリアを形成してくれます。

試奏の際には狭い室内、広いホールなど様々な環境で、様々な弓で試奏し、第三者に音の変化を確認してもらうといいでしょう。

判断する人の立場によって「いい楽器」の意味は異なりますが、一般的には名工が作った楽器や有名メーカーの楽器、希少価値が高い楽器、あるいは金額が高い楽器が「いい楽器」と呼ばれることが多いでしょう。

「いい楽器を使うといい音が出やすい」と言われますが、いい音が出る条件があります。例えば、安価なバイオリンは誰が弾いてもある程度の音が出せますが、「いいバイオリン」でいい音色を出すのは難しいでしょう。

つまり、初心者が「いいバイオリン」を弾いてもいい音色は出せないということです。ある程度のスキルが身についた演奏者だからこそ、いい音色が出せるのです。逆に、技術がある演奏者がレベルの低い楽器を使っていると、いい音は追求できません。

いい楽器にステップアップすることでしか得られない「いい音色」が存在するのです。演奏家のレベルと楽器のレベルがうまく釣り合った条件で、いい楽器はいい音色を奏でられるということになります。

バイオリンの選び方〜中級者編〜

生産国でどう違う?バイオリンの値段と音色を比較

関連記事

  1. 芸能人格付けチェック MUSIC 秋の3時間スペ…

    本日19時から放送された「芸能人格付けチェック MUSIC 秋の3時間スペ…

  2. ヴァイオリンの側面の豆知識!

    こんにちは!最近着々とヴァイオリン製作に励んでおります!前…

  3. バイオリンのバスバーとは?

    こんにちは!カポラリです!バスバーとはご存知でしょうか??…

  4. 安価のバイオリンとは?

    先日、名古屋の方へ出張に行って参りました。写真は都合上バイオリンの…

  5. ペーパーナイフ作り!

    先日スクロールを製作中に出る余った木材を利用して、ペーパーナイフを製作しま…

  6. 魂柱の重要性

    こんにちは!カポラリです!今週はなかなかバタバタしていまして更新が…

  7. またまたアメリカ出張行って参りました!

    1/30から2/6までまたまたアメリカ、NYとシカゴに行って参りました!…

  8. 良い弓の基準!

    先日、弓の本を購入致しました!この弓の本には有名なフランスの弓職人…

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP