生産国でどう違う?バイオリンの値段と音色を比較

イタリア

弦楽器製作が盛んに行われているイタリアでは、大量生産技術が向上した今もなおハンドメイドのバイオリン製作が盛んに行われています。また優秀な製作者を頼って世界各国から修行に訪れる人も多く、イタリアのバイオリンは世界の憧れと言えるでしょう。その分、価格が高いのが特徴です。

バイオリン工房で作られたものが80万円以上、著名な製作者の手作りバイオリンですと300万円を超える価格がつきます。

ドイツ

イタリアについで人気が高いのは、ドイツのバイオリンです。ミドルクラスのバイオリンの量産に長けており、ビギナーの方でも手を出しやすい30万円前後のバイオリンが主流です。

その他欧州

フランスやベルギーにもバイオリン製作者が多く、ハンドメイド・量産ともに盛んです。特に中級クラスの楽器作りが得意で、100万円以下で質の良いバイオリンが手に入ります。

日本

メイドインジャパンならではの緻密な手作業でバイオリンを製作する工房がたくさんあります。また量産バイオリンにも力を入れているため価格帯が広く、10万円ほどのビギナー向けから100万円超えの手作りバイオリンまで揃っています。

中国

量産バイオリンのイメージが強い中国ですが、イタリアで技術を習得した製作者による手作りバイオリンもあります。初心者モデルが多く、他国と比べて安いのが特徴です。ある程度の音が鳴るものが、10万円以下で手に入ります。また木材の質にこだわったバイオリンが50万円以下で見つかるケースも少なくありません。

国別でご紹介!~バイオリンの音色~

イタリア

輪郭が明瞭な明るい音色です。

ドイツ

新作は芯のある明るい音色、中古は暖かく柔らかい音色です。

その他欧州

フランス:美しく繊細、しかし強い個性はありません。
ブルガリア:イタリアに近い、明るい音色です。

日本

暗めで伸びやかな音色です。

中国

全般的に音が大きいのが特徴。音域や音量のコントロールが必要です。

バイオリンの選び方〜上級者編〜

職人が作る楽器の魅力とは?いい音色はいい楽器と高い技術から!

関連記事

  1. バイオリンの選び方〜中級者編〜

    音に納得がいかない、何かが物足りない、あるいは「こんな音が出したい」という…

  2. アメリカ出張行ってきました!

    前回の記事に引き続き、NewYorkの他にBostonとChicagoにも…

  3. 安価のバイオリンとは?

    先日、名古屋の方へ出張に行って参りました。写真は都合上バイオリンの…

  4. シカゴ交響楽団

    今後不定期で、弊社が普段最もお世話になっているシカゴの音楽の歴史についてま…

  5. 芸能人格付けチェック MUSIC 秋の3時間スペ…

    本日19時から放送された「芸能人格付けチェック MUSIC 秋の3時間スペ…

  6. 日本ヴァイオリンフェア!

    先日は普段お世話になっている日本ヴァイオリン様が主催する「日本ヴァイオリン…

  7. 職人が作る楽器の魅力とは?いい音色はいい楽器と高…

    職人の手で作られたハンドメイド楽器は、量産ができません。しかし、1つの楽器…

  8. バーニッシュもそろそろ終盤!

    前回の投稿からだいぶ期間が空いてしまいました。システムのエラーによってなか…

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP